生活介護では送迎もおこなっています
ご見学・体験利用など、お気軽にお問い合わせください☆

ささらについて

こんなサービスをしています


障害福祉サービス

指定事業所番号
1310600067  
 生活介護   日中、入浴・排泄・食事の介護等を行うとともに、
創作的活動などの手伝いをします
(※当事業所では入浴設備はありません)
 

 居宅介護
(ホームヘルプ)
 ヘルパーが、利用される方のご自宅で、
家事・入浴・排泄・食事・通院時の手伝いをします
 重度訪問介護  身体に重度の障がいのあり、常に介護が必要な方に対し、
ご自宅で 入浴・排泄・食事など総合的な日常生活や、
外出の手伝いをします
地域生活支援事業   移動支援  ヘルパーが外出する手伝いをします
 通学支援  児童・生徒への、学校・自宅・こどもクラブ間の
送迎をします

「ささら」の由来について


 「ささら」は645年の大化の改新の頃に生まれ、
主に富山県の五箇山地方の田楽系統の踊りに用いられた古代楽器です。

キレイに並んだ108枚の木片が順次ぶつかり合い音を奏でます。

この木片が一枚でも欠けてしまうと音がならなくなってしまいます。
障がいのある方がたの地域生活も、
ご本人、ご家族、支援者、地域の方々・・・
皆が協力して初めて実現するもので、
1つでも欠けてしまっては実現できないと思います。

〜関わる全ての人たちで音を奏でたい〜

そのような想いを込めて「ささら」という名前をつけました。


平成15年4月より支援費制度がはじまり、
障がい者が事業所やサービスを選択する契約制度になりました。
そんな中、私たちは
「それまで自分たちで介助者を選んでいた重度障がい当事者にとって、
事業所から派遣されてくる介助者では不安がある」
という話を耳にしたのです。
「自分に寄り添って介助をする介助者が必要だ」と。

 制度が変わっても自分らしい生活がしたい。
そのような想いの障がい当事者と
それまでその方たちに関わり、これからも同じようにサポートをしていきたい
と思う介助者、そして周りにいる協力者の方々によって、
「ささら」は立ち上がりました。

そして、新しい法制度に移行しても、その想いは変わりません。
 まだまだ歴史が浅く、手探りの部分も多々ありますが、
共に障がいのある方たちのサポートをしていきたいと思っています。




Copyright (C) 2009-2016 NPO法人 地域生活支援センターささら All Rights Reserved.
 こちらもご覧ください
 写真館
 ささら日記
 賛助会員のお願い
 地域生活支援センター
ささら
住所
〒111-0023
東京都台東区橋場1-16-17

電話番号
03-3875-1470

MAIL
sasara11617@arrow.ocn.ne.jp